手打ちうどんの町で知られる埼玉県加須市の手ぼし麺
ごお問い合わせ 会社概要 工場見学 こだわり 商品情報 home


トップ  >  加須 手ぼし麺のこだわり
こだわり
加須手ぼし麺 ふる里にうまいものあり

古来より武州埼玉は
利根川と荒川に沿った小麦の産地として知られ、特に加須市(含騎西町)は手打ちうどんの町として知れわたり、埼北地方の食文化の一端を担って参りました。
その手打ちの味を自然乾燥にて熟成し上げた逸品が加須「手ぼし麺」です。
滑らかでこしのある味わいをご賞味下さい。


埼玉県加須市の手ぼし麺

手ぼし麺製造工程
加須「売れっ子」うどん
埼玉県唯一の「ふるさと認証商品」(乾麺)は古から食されてきた味と風味をお届けする逸品です。

輸入小麦で造られたうどんの多い中で、これら商品は国産に拘り、国産小麦の良さを充分醸し出した稀な逸品です。
輸入小麦は白くて・タンパクが多いので腰が強く、めんを製造し易いのが特徴です。
それに比べ、国内産は輸入小麦に比べると色の白さが劣り、タンパクが少ない分、腰が少し弱く、麺製造がしにくいのです。
しかし、古より食されていた国産小麦は、日本人の体質に合った食文化の産物で、輸入小麦がただ白く、味がないのに比べ、風味があり、味わい深く、つゆの乗りが良いという特徴があります。
加須売れっ子うどんは、埼玉産小麦100%で製造したものと国内産小麦をブレンドして上品な黄金色を重んじた国内産100%の2種類を製造しています。どうぞご堪能頂けたらと思います。
2013年6月15日新商品『麦のほほ笑み』国内産と輸入小麦の良さを醸した商品を発売しております。
なお、弊社は『彩の国工場」に認定され、この商品は2名の製麺技能士により造られた「彩の国優良ブランド品」にも認定されています。
埼玉県ふるさと認証食品
彩の国優良ブランド品
彩の国優良ブランド品
ふるさとマーク
ふるさと認証食品
6月25日は『加須うどんの日』
加須うどんの日 加須市は市特産のうどんをアピールするため6月25日を「うどんの日」と定める条例案を制定しました。

加須の『うどんの日』を6月25日とする理由』
加須名物の『饂飩(うどん)粉』を贈られた館林城主からのお礼状に記された日。
この礼状が、加須市のうどん食文化が元禄時代から300年以上続く伝統を有することを示す記念すべき資料であることから、6月25日を『加須うどんの日』としました。
加須市うどんによるまちおこし推進会議